エキストリュージョン(歯根延出)とは?

エクストルージョン(歯根廷出:しこんていしゅつ)とは、歯を矯正的に引っ張り出す(廷出させる)ことです。

エクストルージョンはおもに、歯肉縁下に虫歯があったり、歯が割れていたりする場合に歯を引っ張り出し、虫歯や歯が割れた部位を歯肉縁上に出すことを目的として行う治療です。
歯を強制的に骨からひっぱり出し、歯と歯を支えている組織を骨ごと移動させ、健全な歯質を確保します。

エクストルージョンは全ての歯科医院で行われているわけではなく、保険適用でもありません。

また、歯を引っ張りあげてから骨ができるまでしばらく待つ必要があり、治療期間は大体1ヶ月以上かかってきます。

エキストリュージョン(歯根延出)の特徴

天然歯や現在の被せ物(クラウン)が歯の頭から折れて歯根だけが歯ぐきの中に残っている場合、一般的には抜歯と言われることがあります。そのような場合に、針金とゴムを使って歯ぐきの中の短い歯根を引っぱり、廷出された歯根の頭を使って被せ物をしていく治療方法です。

エクストルージョン法はご自身の歯根を有効活用できる歯の保存方法です。

エキストリュージョンのメリット・デメリット

他院で抜歯と言われた、ブリッジ、インプラントをすすめられた、自分の歯をなるべく使いたい。
そのような患者様には、歯を残せる可能性のある治療法の一つとして、エキストリュージョンをご紹介しております。一般的には、抜歯と診断されるケースも、抜かずに保存できるケースが多くありますので、まずはお気軽にご相談ください。

エキストリュージョンのメリット

  • 歯を抜かずに治療ができる。
  • 見た目が良くなる。
  • ハミガキしやすくなるなど、口内環境を良好に保つことができる。

エキストリュージョンのデメリット

  • 保険がきかない。
  • 治療期間が長くなる。(数か月)
  • 外科処置が必要となる。

エキストリュージョン法のよくある質問

埋まっている部分の歯根は短くなりませんか?強度に問題はありませんか?
エクストルージョン法は、歯の根を引っ張り出すので、通常の健康的な歯よりも歯根は短くはなりますが、最終的に歯の被せ物をキープできる比率が確保できれば、抜歯せずにじゅうぶんに生活歯として使うことができます。

どのような方が治療対象になりますか?
歯が折れたり欠けたりして、一般的な歯科医院で「抜歯してブリッジかインプラント」と診断された方が治療適応の可能性があります。歯根の高さが歯肉より下になっていたり、歯ぐきの中に歯根が埋まっていたりするような場合は、一般的に抜歯の判断をされることが多いのですが、エクストルージョン法はそのような方でも歯残せる可能性がある治療法です。
当院で詳しく診査・診断させていただきますので、お気軽にご相談ください。

なぜ埋まった歯は、そのまま使えないのですか?
歯が埋まったままですと、歯肉が邪魔になり被せ物を美しく装着することができないためです。
被せ物の土台をしっかりと確保するためには、歯根を引っ張りだすエクストルージョン法が大切になります。時間はかかりますが、大切な治療工程です。歯の高さと歯ぐきの高さのバランスや、炎症を起こさないためのスペースがあるか、などをしっかり見ながら歯を引き出していきます。

奥歯にも有効な治療方法ですか?
奥歯の場合、エクストルージョン法では対応が難しくなります。あくまでも前歯に適応になる治療法です。
奥歯の場合は、エクストルージョン法は前歯に比べてやや時間がかかってしまいますし、歯の頭が折れたとしても、骨と歯ぐきを削って歯根を出すことができれば目立たない位置なのでエクストルージョン法をせずとも被せ物が可能です。
前歯の場合は、歯ぐきと骨を削ってしまうと長い歯になって見栄えがよくないため、歯ぐきのボリュームを確保するエクストルージョン法が必要になります。

治療中、見た目に支障はありませんか?
治療期間中は、日常生活で支障のないように仮歯をいれます。(強く噛める仮歯ではありませんので、前歯で噛み切る行為などは注意が必要です。)

治療中、痛みはありますか?
ゴムの弱い力で徐々にゆっくりと引っ張っていく治療方法のため、治療中の痛みはほとんどありません。個人差がありますが、治療開始から1~2日間は、引っ張られるような軽い圧迫感があります。一般的な矯正歯科治療におけるワイヤーでの動きのような痛みはありません。

期間はどれくらいかかりますか?
被せ物の歯質を確保するために最低2か月間は引っ張る矯正をしなければいけません。その後、戻らないように動かした期間分、固定期間が必要になりますので(固定期間がないと歯根はまた引っ込んでしまう)、約4か月間はかかります。その後、最終的な被せ物をしていきます。固定期間も含めると数ヶ月スパンで計画をする必要があります。

エクストルージョン法はどこの歯科医院でもできますか?
エクストルージョン法は保険適応外ですので、対応できる歯科医院は限られています。
ですので、他院で抜歯を勧められたからといってあきらめる必要はありません。