ラミネートベニア治療と他の治療法との違い

ホームホワイトニング

ラミネートベニア治療は、他の治療法と比べてどのような違いがあるのかまとめてみました。
治療法を選ぶ際の参考にされてみてください。

 ホワイトニング治療としての比較
当院では歯を白くする治療法として、ホワイトニング、セラミッククラウン、コンポジットレジン、ホワイトコート(歯のマニキュア)などがあります。
この中でもラミネートベニアは、ホワイトニングやホワイトコート、コンポジットレジンなどと比べてその白さが長持ちするメリットがあります。
また、歯の白さを維持できるセラミッククラウンよりも歯を削る量が少ないため歯への負担が軽減されます。

 歯の修復治療としての比較
歯の一部が欠けてしまったときには、コンポジットレジン治療(ダイレクトボンディング法)やセラミッククラウンなどの治療法もあります。
コンポジットレジン治療(ダイレクトボンディング法)と比べてラミネートベニアは白さを長く維持することができます。セラミッククラウンと比べると、歯を削ることはないため、歯への負担が少なく、気軽に治療を受けることができます。また欠けている部分が少ない場合に最も適しています。

 歯科矯正としての比較
ラミネートベニアはすきっ歯を治したり、歯の形を整えたりする歯科矯正としての側面もあります。
当院では矯正治療としてセラミック矯正、ワイヤー矯正、マウスピース矯正などを行っていますが、これらと比べると簡易的に行うことができるメリットがあります。セラミック矯正ほど大掛かりにならず、さらにワイヤー矯正やマウスピース矯正のように長い期間をかけて行う治療と比べて短期間・通院回数も少ないことから、忙しい方にとっては大きなメリットがあります。

関連記事

  1. セラミックの美しい透過性

    セラミック治療についての基礎知識② | 武蔵⼩杉駅前 の⻭医…

  2. セラミッククラウン治療のメリット・デメリット

    セラミッククラウン治療のメリット・デメリット

  3. セラミック矯正の料金について

  4. ラミネートベニア治療に適した方

    ラミネートべニアはこんな方にオススメ

  5. セラミッククラウン治療のメリット・デメリット

    セラミッククラウン治療のメリット・デメリット

  6. セラミック治療の基礎

    セラミック治療についての基礎知識① | 武蔵⼩杉駅前 の⻭医…