インビザライン治療(マウスピース矯正)とは?

透明だから目立たない

「矯正装置が見えると恥ずかしい……」
インビザラインは透明だからこうしたお悩みは不要です。
治療中なのを意識せずにお口を開けて生活ができますので、人前に出ることの多い方や、芸能活動をされる方々(アナウンサー・ニュースキャスター・俳優など)にも人気です。

痛みを大幅に軽減

従来のブラケットによる矯正治療は月に一回の調整のため、痛みが数日続くことがありました。
インビザラインは2週間ごとの調整で、一度の移動も0.25mmだけ。
さらにインビザライン・アライナー(マウスピース)は精微なシミュレーションで作られていますので、
痛みが少なく日常のストレスを回避でき快適です。

食事の時は取り外し可能

特に「矯正器具に詰まるたべかすが気になる…」といった患者様の声をいただきます!
お食事の際にはご自身で取り外すことができるので、見た目や食べ物の詰まりを気にせず、お食事を楽しむことができ、清潔さを保つことができます。

通院は1~3ヶ月に1回でOK

特に治療回数を軽減したい方に。
一般的なワイヤー矯正の場合、治療が終わるまで合計で30回程度の通院が必要となります。しかし、インビザラインは1~3ヵ月に1回の通院にすることができるので、時間と費用を節約できる場合があります。

あらゆるマウスピース矯正メーカーを採用

オーセント歯科クリニックでは、総合歯科診療をおこなっているためインビザラインも採用しておりますが、その他あらゆるマウスピースシステムをご用意しております。
それぞれメリットデメリットがございますので、しっかりヒヤリングさせていただき、ご希望やご予算に合わせてご提案させていただきます。
多くの患者様により快適で安全な歯科矯正をお受けいただけるクリニックを目指しています。

マウスピース矯正を使用するメリットとは

1.審美性

透明のマウスピースを歯に噛んで、歯を物理的に少しずつ動かしていく方法です。
ワイヤー矯正と異なり、マウスピースは透明なので、治療中に、周囲からの目線を気にせずに過ごしていただけます。当院はいろんなメーカーのマウスピースを扱っており、適したものをご使用いただけます。

2.矯正効果

3Dデジタル技術の精密技術を活用し、お一人おひとりにあった治療計画を立てられます。また、従来のワイヤー矯正と変わらない矯正結果が期待できます。インビザラインのアライン社認定を受けており、かつ症例数が豊富なドクターを選ぶことが重要です。

▼インビザライン治療による歯列矯正の症例写真

インビザライン治療前

BEFORE

インビザライン治療後

AFTER

3.利便性

マウスピースは食事や歯磨きのときには取り外すことができます。取り外しが容易であることで、常に清潔に保つことが可能です。また、ワイヤー矯正のように、通院による微調整が不要で比較的少ない通院ですむので、忙しい方にも適しています。

ワイヤー矯正との比較

インビザライン 一般的なワイヤー矯正
装置の外観
治療の方法 ワイヤーを使用せずに、透明で簡単に取り外しができる「アライナー」と呼ばれるマウスピースを使用。はめる習慣をつける必要がある。 固定式に矯正装置(ワイヤー・ゴムとブラケットなど)を使用するので、治療完了まで取り外しができない。歯科医師の管理のもと、計画的に治療を行う。
見た目 透明なので装着時も目立ちにくく、矯正していることがわかりづらい。 歯にワイヤーなどの装置を固定する必要があるので、マウスピース型に比べ目立ちやすい。
体への影響 金属不使用のため、金属アレルギーなどの心配がいらない。 金属製のブラケットやワイヤーを固定する必要があるので、金属アレルギーのリスクがある。
歯のお手入れ アライナーは取り外しが可能なので、今まで通りのブラッシングやお手入れで大丈夫。 矯正装置が邪魔になり、歯と歯肉のお手入れが難しい。いつもよりも丁寧にケアする必要がある。
装着時の感覚 素材が柔らかいので、ワイヤー矯正に比べると違和感が少ない。 ワイヤーやブラケットに慣れるまで時間がかかり、その間は違和感を覚えることもある。
治療中 2週間に1回程度の段階的な調整になるので、矯正の実感があり痛みも少ない。 装置が固定されるので、治療の進行具合が分かりづらい。また、調整時は慣れるまで痛みがでる場合がある。

インビザライン治療の流れ

1.無料カウンセリング

歯並びのお悩みについてドクターや衛生士と一緒に相談しましょう。
歯並びのチェックや治療期間・費用の目安についてご説明いたします。
時間は約30~60分を予定していますので、ご不明点などはどうぞお気軽にご相談ください。
※詳しい説明のため、歯の型を取る場合があります。

2.精密検査、レントゲン撮影

精密検査を実施し、レントゲン撮影や写真撮影(3D)を行います。検査結果をもとに、それぞれの患者さんに合わせた治療計画・方針を決定いたします。

3.治療スタート

マウスピースを装着し、治療を開始します。
はじめの期間については約1ヶ月の間隔で通院していただき、調整などを行います。
その後、各治療段階に合わせて、歯科医の指示に従いながら2週間に1度のペースで付け替えを行います。通常は約2~3年で治療は完了します。

※治療中の注意点
マウスピースは1日20時間以上装着してください!食事や歯磨きの際には外すようにしましょう。

4.治療完了後は保定期間へ

舌の癖などで歯並びが元に戻ってしまうこと(後戻り)がありますので、これを防ぐために約1~3年はリテーナーと呼ばれる保定装置を付けていただきます。同時に2~6ヶ月に1度のペースで通院していただき、噛み合わせなどのチェックを行います。もし後戻りしてしまった場合にはインビザライン・ライトやインビザライン・i7といったプチ矯正をご検討ください。

マウスピース矯正 装着時

BEFORE

マウスピース矯正 治療後

AFTER

米アライン・テクノロジー社認定

インビザライン認定証”CRETIFICATE OF ATTENDANCE”
インビザライン修了証”CERTIFICATE OF COMPLETION”

インビザライン「オーセント歯科クリニック」にお任せください!
米アライン・テクノロジー社認定を取得した専門ドクターです。
マウスピース矯正はデジタル技術のサポートもあるため手軽な印象がありますが、治療計画を立てるのはドクターです。
オーセント歯科クリニックではマウスピース矯正で様々な症状に向き合っていますので、マウスピース矯正をお考えの方は一度ご相談ください。