セラミッククラウン治療のメリット・デメリット

セラミッククラウン治療のメリット・デメリット

近年、セラミッククラウンを入れているのをよくみかけます。
治療には様々な施術方法があり、オーセント歯科ではご自身の口内環境を考慮し神経をできる限り残す治療を心がけております。
その治療には大きなメリットがありますが、デメリットも存在します。

患者様がデメリットを把握したうえで、施術を受けることが後悔しないためのコツです。
 セラミッククラウン治療のメリット
セラミッククラウン治療期間中の仮歯は精密で美しい自然なお色なため、仮歯にも関わらず周囲を気にせずご自身本来の笑顔で生活いただけます。
選択する本数によっては歯並びも治せます(セラミック矯正)
金属を使用しないためアレルギーになりにくく、歯茎が黒くなる心配がありません。
最短3回の治療で終了でき短期間で治療できます。
腫れ、出血などのダウンタイムが少ないです。
色、形が自由に決められます
 セラミッククラウン治療のデメリット
歯を整えるため、歯を最小限削除量が発生します。
(なるべく、オーセント歯科では神経を残す治療を施すため場合によっては部分矯正を施術すこともあります。)
強い歯ぎしりや食いしばりがあると割れる可能性がある

関連記事

  1. ラミネートベニア治療の料金

    ラミネートベニアの料金

  2. セラミッククラウン治療のメリット・デメリット

    セラミッククラウン治療のメリット・デメリット

  3. ラミネートベニア治療に適した方

    ラミネートべニアはこんな方にオススメ

  4. クリニックホワイトニング

    ラミネートべニア治療のメリット・デメリット

  5. セラミッククラウンはこんな方にオススメのアイキャッチ画像

    セラミッククラウンはこんな方にオススメ

  6. セラミック素材と銀歯の比較

    セラミッククラウン・その他被せ物の種類と比較