歯科クリニックを選ぶポイント

審美歯科とは


審美歯科は、
「歯科審美学とは、顎口腔系における形態美・色彩美・機能美の調和を図り、人々の幸福に貢献する歯科医療のための教育および学習に関する学問体系である(日本歯科審美学会教授要綱より)」
と定義されています。

わかりやすく言い換えますと、口腔内の健康を前提とする、お口周りの骨格や歯並びに対して、色・形・左右のバランスやデザインなど、美しさの向上や機能性との調整を図り、心身ともに生活の質を向上させることに貢献する歯科治療分野のことです。

歯医者さんを選ぶ際に、ご自身の目的が「ただ治療したい」のか、「見た目の美しさに拘りながら治療したい」のか、「安さを優先したい」のか、「高品質な治療を受けたい」のかを明確にする必要があります。

例えば、同じ虫歯治療でも、クリニックによって治療方法は様々です。歯科治療によって機能を回復できたとしても、審美的満足感が得られなければ、治療効果は片手落ちとなる可能性も大いにあるのです。

病理を取り除くだけでなく、見た目の美しさや、機能性の高さなどの側面での配慮も重要です。それらのバランスが損なわれれば、「心身ともに健康を取り戻した」という実感は得られないと思います。
口腔付近の機能の回復と審美の改善によって、初めて満足いく歯科治療ができたと言えるでしょう。

このように「歯科審美」は皆さんのQOL=クオリティー・オブ・ライフ(生活の質)に大きく貢献しています。


審美歯科治療の種類


審美歯科の治療には、大きく分けて次の種類があります。

●歯を白くする…ホワイトニング・ラミネート・セラミッククラウンなど
●歯の隙間を無くす…歯列矯正・セラミック矯正など
●失った歯を補う…ブリッジ、セラミック矯正、インプラントなど
●歯並びを綺麗にする…歯列矯正・ラミネート・セラミック矯正など

予算や目的、また治療期間の希望などによっても最適な治療は異なります。
歯列矯正にも、ワイヤー矯正・マウスピース矯正・外科的矯正・裏側矯正など様々な方法に分かれ、クリニックによっても得意分野や扱っている治療に違いがあります。

オーセント歯科クリニックでは、従来のワイヤー矯正も行っていますが、なるべく歯を削ったり抜いたりせずに、温存したまま矯正を行うデジタルによるインビザラインの症例数が豊富です。

歯を抜く必要がある症例でもワイヤーとデジタルを併用した、見えないマウスピース矯正を行なっております。利点としては治療期間が半年ほど短くできます。合併症などもなくリスクの少ない矯正治療を行なっておりますので、ぜひ一度ご相談ください。

歯医者さんの選び方


審美治療だからといって、見た目だけを整えればよいわけではありません。
美しく仕上げるための技術はもちろん、一般歯科の治療に関する知識や経験も必要となります。ご自身の歯を長く健康な状態で維持するための配慮や、再発、欠損などのリスクを抑えるための豊富な経験値や症例数も大切になってきます。

実際に行く前に、良い歯医者さんを見分ける必要があります。
「親身になってくれる」「優しい」などの人柄も大切ですが、それはプラスαの要素としてみておくぐらいが良いでしょう。
誤った治療によって失った歯や時間は二度と戻りませんし、腫れたり何度も繰り返し症状がぶり返したりするようでは、逆にストレスになります。
結局はクリニックに在籍するドクターの技術レベルや、クリニックの治療の方針が重要なのです。

オーセント歯科クリニックでは、インプラント認定医及びインビザラインではプラチナプロバイダーを取得しております。
日本でも数少ない豊富な症例数がございますので、ご自身と似たような症例をご参考に一度カウンセリングされてみてはいかがでしょうか。

歯医者さんを選ぶポイント


先ほども述べましたが、一度治療した歯の再治療するリスクを最小限に抑えられる歯科医であることは非常に重要なポイントです。
まず、クリニックのホームページをよく見て調べることが大切です。
最低限チェックするポイントは下記の3つ。

●治療設備の充実度、メンテナンスが行き届いているか
●治療器具の消毒や滅菌を徹底しているか
●専門的な知識や技術を証明する資格を有しているか

例えば、根管治療であれば歯科用CTやしっかり滅菌された器具などを使用しているクリニックは、最新の器具や細やかな配慮ができるクリニックでしょう。
なぜなら、根管治療は細密な治療が必要となってくるうえに、割と珍しくない治療であるからです。少しでも治療時に雑菌が入り込むと再発することが多いですが、その際に患部に雑菌の混入を防ぐことが、再発のリスクを最小限に止めることになります。

そのほかにチェックすべき点は、
●ネットで検索した時の情報量(専門性はもちろん症例写真や動画を加工せずに多く公開しているか)
●料金や治療期間、ドクター名、所属学会などを開示し、技術力や結果をしっかり伝えているか
●参考になるクチコミが公表されているか(実際に治療を受けた方のリアルな感想が出ているかどうか)

今はネット広告やインフルエンサー等で「良いクリニック」に見せることも可能な時代ですから、判断が難しいところもありますが、初心者にもわかるようにわかりやすく説明がされているかもポイントとなるでしょう。

実際にクリニックに行ってみた時のチェックポイント


では、実際にクリニックに行き、ドクターのカウンセリングを受けた際に気をつけることがあるとすればどんな点でしょうか?

●メリットだけでなく、デメリットを丁寧に説明してくれているか
●審美歯科の場合、良い技工士さんと密に連携できていそうか
●コミュニケーションが円滑に取れるか(一方的だったり高圧的だったりしないか)

また、勧められている治療と同じ治療を受けた方の症例も、見せてもらってください。それぞれの個性(骨格や口の大きさなど)に合った結果になっているか、どれも同じ仕上がりになっていないかなどをしっかり確認してください。

クリニックや担当ドクターとの相性や、求める品質や水準にも好みがあると思いますので、最終的には、ご自身の感覚や判断を大切にしてください。

オーセント歯科クリニックでは、極力歯の神経を残した治療を大切にしています。ご自身の歯とは長い付き合いになります。歯の健康と審美のために、患者様に長期的な視点で寄り添うクリニックを目指しております。

少しでも参考になりましたら幸いです。




関連記事

  1. セラミッククラウン治療のメリット・デメリット

    セラミッククラウン治療のメリット・デメリット

  2. エキストリュージョン(歯根延出)とは? | 武蔵⼩杉駅前 の…

  3. セラミッククラウン治療のメリット・デメリット

    セラミッククラウン治療のメリット・デメリット

  4. ホームホワイトニング

    ラミネートベニア治療と他の治療法との違い

  5. Dr.Yoshihiroがこっそり教える♡ 良い歯科クリニッ…

  6. ラミネートベニア治療の料金

    ラミネートベニアの料金