セラミック矯正の素材について

セラミックは材質のことを指しますが、工業でも使われる陶器、陶材のことを言います。お茶碗に近い材質です。
そして、歯科で利用されるセラミックには大きく分けると3つの材質があります。

■ジルコニアセラミック
最もポピュラーなセラミックで ジルコニアを使うことが多いです。
透明感が強く、より自然な歯に見せることができます。裏打ちがないため強度が低いです。歯のない方が両隣の歯を削って作るブリッジや、噛み合わせが深い方、噛み合わせが強い方、中の歯に金属の土台を使用していたり、中の歯の色味が強い方は適応外となり治療ができないことがあります。

■メタルボンドセラミック
テキスト?

■プレスセラミック
テキスト?

一般的なセラミック矯正の素材比較

ジルコニアオールセラミック オールジルコニア オールセラミック メタルボンド
硬さ ○ 硬い ○ 硬い ○ 硬い(割れる可能性あり) ○ 硬い
アレルギーの有無 ◎ なし ◎ なし ◎ なし △ 金属のアレルギー
透明感 ◎ 一番自然 ◎ 一番自然 ○ 自然 △ 不透明
色の種類 ○ 選べる ○ 選べる ◎ 自由に選べる ○ 選べる
価格 △ 高い △ 高い △ 高い ○ 安い
つかえる場所 △ 前歯4本のみ △ 前歯4本のみ ◎ どこでもできる ◎ どこでもできる
ブリッジ △ できない △ できない ◎ できる ◎ できる
かみ合う歯に対して ◎ 傷めない ◎ 傷めない ◎ 傷めない ◎ 傷めない
被せる歯に対して △金属の土台にはつかえない △金属の土台にはつかえない ◎ どんな歯でも ◎ どんな歯でも

関連記事

  1. セラミック矯正のメリット・デメリット

  2. セラミック矯正はこんな方にオススメ

  3. セラミック矯正の料金について